文字サイズ

小平奈緒は銀 高木美帆は銅 ダブルで表彰台

銀の小平奈緒(右手前)、高木美帆(左)の2ショットを日本人カメラマンが要求しているところに、金のテルモルスが突然Vサイン
 女子1000メートルのレース後、目を閉じる小平奈緒=江陵(共同)
日の丸を手に声援に応える小平奈緒。左奥はコーチと抱擁を交わす高木美帆=江陵(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル)

 世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が金メダルを逃し1分13秒82で2位の銀メダルだった。高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98で銅メダル。ヨリン・テルモルス(オランダ)が、五輪記録の1分13秒56で金メダルを獲得した。郷亜里砂(30)=イヨテツク=は1分15秒84で13位だった。

 小平は今季ワールドカップ3勝を挙げている。1500メートルでも6位入賞を果たし、500メートルにも出場する。高木美は1500メートルで銀メダルを獲得している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる