文字サイズ

連敗3で止まる、メッセが粘投7勝目

連敗を脱出し、ナインを出迎える金本監督(中央)
6回、宮崎の打球を好捕しピンチを救った北條とタッチを交わすメッセンジャー
4回、犠飛を放つ阪神・高山俊=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神5-3DeNA」(28日、甲子園球場)

 阪神が連敗を3で止めた。先発・メッセンジャーが五回まで完全投球で六回以降は粘りの投球で7回4安打3失点で7勝目(5敗)を挙げた。

 三回無死一、三塁からゴメスの二ゴロの間に1点を先制。なおも1死一、二塁から西岡の左越え適時二塁打でこの回2点を奪った。

 四回は1死三塁から高山の中犠飛で1点。さらに鳥谷の左越え二塁打と相手エラーで2死三塁とし、ゴメスの左前適時打で4-0。

 六回に4-3と迫られたが、七回1死一、三塁から北條の中犠飛で1点を加えた。

 DeNAは連敗。0-4の六回、先頭・エリアンがチーム初出塁の四球で出て、続く代打・戸柱がチーム初安打の右中間安打で無死一、三塁とし、代打・山下の右前適時打で1点。さらに無死一、三塁から桑原の投前適時安打とエラーで2点を加え1点差とし、石川も安打で続いた。しかし、無死一、三塁から、中軸の3人がメッセンジャーに抑えられた。先発・山口は5回7安打4失点で4敗目(5勝)。

 試合中から振り続けた雨の中でのお立ち台にはメッセンジャーが上がった。「(日本語で)ありがとうございます。六回は自分のピッチングができず、何とかリードがあるままで抑えられたが、あそこは悔しい。(DeNAの)中心打者を何とか抑えられ(三塁)北條もいいプレーをしてくれた。打線が4点を取ってくれ、リードは渡せないという気持ちだった。(岡崎とのバッテリー)変化球を織り交ぜ、高め低めといいピッチングができた」などと語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス