文字サイズ

岩貞が七回途中降板 負傷か

7回日本ハム一死一、三塁、香田勲男コーチ(右)が駆けつけ、ベンチへ下がった後、降板になった阪神・岩貞祐太(左)=札幌ドーム(撮影・西岡正)
7回途中で降板する阪神・岩貞祐太=札幌ドーム(撮影・田中太一)
2枚2枚

 「交流戦、日本ハム-阪神」(10日、札幌ドーム)

 阪神先発の岩貞が、七回途中で降板した。負傷したもようだ。

 岩貞は四回まで無安打投球。しかし2-0の五回、2死走者なしからレアードの左前打、大野の左越え適時二塁打を浴び、2本の安打で1点を失った。六回は杉谷のスクイズを自らの好フィールディングで阻止したが、2死一、三塁から中田に同点の左前適時打を許してしまった。

 そして2-2の七回、先頭のレアードに左越え安打を浴びると、犠打で1死二塁。代打・矢野に左前打を浴びた。この直後、足を気にするようなしぐさを見せ、トレーナーと共にベンチ裏へ。そのまま降板となった。

 代わった高橋は中島を遊ゴロに打ち取ったが、併殺崩れの間に1点を勝ち越された。岩貞は6回1/3を5安打3失点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス