文字サイズ

阪神 サヨナラ負け、球児が3敗目

9回、ヤクルト・今浪隆博にサヨナラ犠飛を許しベンチへ引き揚げる阪神・藤川球児=神宮(撮影・田中太一)
9回、ヤクルト・畠山和洋に二塁打を許し、顔をしかめて悔しがる阪神・藤川球児=神宮(撮影・田中太一)
 代打でサヨナラ犠飛を放ち、畠山(手前左)から氷水を掛けられ祝福されるヤクルト・今浪=神宮
3枚3枚

 「ヤクルト9-8阪神」(25日、神宮球場)

 ヤクルトが九回、サヨナラ勝ちで連敗を3で止めた。

 同点の九回、この回からマウンドに上がった阪神5番手の藤川を攻め、先頭の畠山が左線への二塁打で出塁。雄平が敬遠で無死一、二塁となり、西田の犠打バントで1死二、三塁とする。

 ここで打席には代打の今浪が登場。今浪は1ボール2ストライクから藤川の高めの143キロ直球をセンターへと飛球を打ち上げ、これが犠飛となって、試合を決めた。

 一方、阪神は3点を追う三回に北條の右線適時二塁打、ゴメスの右越え12号3ランで4点を奪って逆転。再逆転され、4点ビハインドの六回には、鳥谷の左越え3号2ラン、福留の左線線適時二塁打で3点を奪い、1点差に迫った。7-8の八回には代打・狩野の左前適時打で同点に追いついた。

 ヤクルトはバレンティンが、一回に中越えの13号2ラン、三回にも中越えの14号3ランと2打席連続アーチを放った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス