文字サイズ

原口が初のサヨナラ打 阪神劇的勝利

 サヨナラ打を放ち、お立ち台で声援に応える阪神・原口=甲子園
9回阪神1死満塁、サヨナラ打を放ちバンザイする阪神・原口文仁=甲子園(撮影・高部洋祐)
9回サヨナラ打を放ち阪神・原口文仁は歓喜のガッツポーズ=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神3-2中日」(19日、甲子園球場)

 育成からはい上がった原口のプロ入り初となるサヨナラ安打で、阪神が劇的な勝利を飾った。

 2-2で迎えた九回、1死から中日の3番手・又吉を攻め、ゴメスが中前打。さらにヘイグの死球と高山の右前打で1死満塁とチャンスを広げると、原口がスリーボールワンストライクから、中堅・大島の頭上を越える安打を放ち、サヨナラの走者を迎え入れた。

 育成からはい上がった苦労人は試合後、初のお立ち台に立つと、開口一番、「サヨナラやりました~!最高で~す!」と興奮気味に絶叫。打席での心境を問われ、「ここで絶対、決めてやると、必死のパッチで打ちました!」と再び、絶叫した。

 原口は、守っても、八回にプロ登板となった同じ育成上がりの田面を好リード。「2人で苦い経験を味わってきたので、とにかく攻めていきました」としんみりしながら、振り返った。

 チームに再び貯金をもたらしたヒーローは「これまで6年間、いい経験をしてきたので、これからは1軍の舞台で生かしていきたい」と酔いしれながらも、今後の飛躍を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス