文字サイズ

トラ悪夢の逆転負け 鳥谷が落球…

 9回、中日・藤井の勝ち越し犠飛の判定に対し激怒、イスを蹴り上げる阪神・金本監督
9回、中日・遠藤の打球を落球する阪神・鳥谷=甲子園(撮影・北村雅宏)
9回、遠藤の打球を捕り損ねる阪神・鳥谷敬=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神3-4中日」(17日、甲子園球場)

 阪神が逆転負けで引き分けを挟み2連敗。今季19勝20敗3分けで借金1となった。

 先発・メッセンジャーが7回4安打1失点。3-1の八回はドリスが1死二、三塁のピンチを1点でしのいだが、3-2で迎えた九回は1死二塁から代打・野本の左前適時打で同点とされ、榎田と交代。

 さらに遊撃・鳥谷の落球エラーと死球で1死満塁とされると、代打・藤井の左犠飛で勝ち越された。このプレーでは三塁走者・杉山のベースを離れるタイミングが早かったのではという阪神側のアピールも認められなかった。

 阪神は0-1の二回1死一、三塁から原口の左前適時打で同点。2死二、三塁から高山の右前2点適時打でこの回3点を奪い逆転したが、九回に再逆転された。

 中日は1分けを挟み2連勝。初回、平田の左越え5号ソロで1点を先制。1-3の八回は1死二、三塁から平田の二ゴロの間に1点。九回に逆転に成功した。先発・佐藤は3回2/3、6安打3失点。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス