文字サイズ

守りのミスで2失点!内野手がお見合い

8回、DeNA・梶谷の飛球を三塁手今成がお見合いする=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
8回、梶谷の飛球を阪神内野陣が“お見合い”し、2点適時内野安打にする。右はワンバウンドしたボールを捕る今成=横浜スタジアム
8回、DeNA・梶谷の飛球を三塁手今成がお見合いする。奥は生還した宮崎(左)と柳田=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
8回、DeNA梶谷の打球が二点三塁内野安打となり、ぼう然となる今成(左)と高橋=横浜スタジアム(撮影・西岡正)
4枚4枚

 「DeNA-阪神」(15日、横浜スタジアム)

 阪神の内野陣に痛いミスが出て1点差に迫られた。4-0の八回、先発・能見が1点を失い、なお2死二、三塁の場面で降板。代わった高橋が、梶谷に対した。

 カウント1ボールからの2球目の直球を、梶谷は打ち上げた。高橋にとっては完全に打ち取った打球。捕手の原口は一塁・ゴメスに捕球を指示。しかしゴメスが動いておらず、誰もボールを捕りにいかない状況となって、打球はグラウンドにポトリ(記録は三塁内野安打)。一気に2走者が生還し、1点差に迫られた。

 高橋は、続く筒香を三飛に打ち取り、同点は免れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス