文字サイズ

ドリス 1/3回5失点でブチ壊し

7回から登板したドリス
7回、本塁上での判定をめぐって、審判に抗議する阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・高部洋祐)
7回、本塁上での判定をめぐって、審判に抗議する阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・高部洋祐
3枚3枚

 「阪神-ヤクルト」(7日、甲子園)

 ドリスが七回からマウンドへ上がり、1/3回を4安打5失点の大乱調。試合を壊した。

 1死から雄平に四球を与えると畠山、大引に連打を浴びて満塁。中村が放った二ゴロを大和がファンブルし、追加点を献上した。さらに代打・今浪、坂口の連続適時打で2点を失ったところで高宮にマウンドを譲った。

 4月28日・巨人戦(甲子園)以降、6試合連続で無失点投球が続いていたドリスだったが、この日はピリッとしなかった。

 代わった高宮も川端に中前適時打を許して5点目。5-10と大きく引き離された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス