文字サイズ

鳥谷V打に安堵「いいところで出た」

8回、勝ち越しタイムリーを放つ鳥谷(撮影・田中太一)
最後を締めた阪神 ラファエル・ドリスは阪神・岡崎太一(左)とタッチを交わす=甲子園(撮影・北村雅宏)
連敗を止め、笑みを浮かべる阪神・金本知憲監督(中央左)=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神8-4ヤクルト」(19日、甲子園球場)

 阪神は4-4で迎えた八回、先頭の江越が中前打で出塁。続くゴメスの四球と暴投などで無死二、三塁とチャンスを広げ、この日5番に打順を上げた鳥谷が、しぶとく右前に運び、勝ち越した。

 この日まで、打率1割台と不振にあえいでいた鳥谷だが、試合後のインタビューで「これまでなかなか打てなかったけど、いいところで1本で出てくれてよかった」と安どの表情を浮かべた。

 勝ち越し打の打席について、「あまり当たりはよくなかったけど、いい形で勝ち越しできてよかった」と振り返った。

 「震災もあって大変な時期ですけど、自分たちは野球というスポーツで、皆さんに元気を与えられるようにいいプレーを見せていきたい」と今後の復調を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス