文字サイズ

今季初のカード負け越し 九回猛攻も

7回の攻撃前、選手を集める阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「阪神7-8広島」(10日、甲子園球場)

 阪神が連敗で今季初のカード負け越し。先発・藤川は五回途中7失点で復帰後の初黒星となった。

 ゴメスとヘイグが先発から外れた打線は、0-2の三回に1死から高山、鳥谷、江越の3連打で1点を返すと、2死後に今成、西岡、北條の3連続適時打でこの回4点を奪って1度逆転。4-8の九回は無死満塁から西岡の適時打と北條の一ゴロで2点。2死後の二、三塁から代打・狩野の遊撃内野安打で1点差まで迫ったが、一、三塁から高山は見逃し三振に倒れた。

 広島は2連勝。初回は菊池の1号2ランで2点を先制。2-4の五回は丸、ルナの連続適時打で同点。さらに1死二、三塁からエルドレッドの2点適時二塁打で勝ち越し、鈴木の適時二塁打でこの回5点を奪った。六回はルナの2打席連続タイムリーで8点目。

 先発・福井は6回10安打4失点で今季1勝目を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス