文字サイズ

球児は五回途中7失点KO 逆転許す

5回、広島・エルドレッドに勝ち越し2点適時打を許し、降板する阪神・藤川=甲子園(撮影・田中太一)
2枚

 「阪神-広島」(10日、甲子園球場)

 阪神の先発・藤川が2点リードの五回、5連打を食らって降板した。1死走者なしで、1番の田中から5番のエルドレッドまでのつるべ打ちにあい、逆転を許した。

 代わった高橋も勢いを止められず、新井を三振に仕留めたものの、鈴木に適時打を浴び、この回一挙5点のビッグイニングとしてしまった。

 結局、藤川は4回1/3を7安打7失点という内容。3日のDeNA戦(横浜)では、6回2失点で勝利投手となったが、連勝を飾ることはできなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス