文字サイズ

虎今季最多得点 鳴りやまぬ六甲おろし

5回阪神、無死満塁、左前に適時打を放つゴメス=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
5回、阪神・岡崎太一の適時打で生還しナインとハイタッチする阪神 マウロ・ゴメスと阪神・福留孝介=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
5回阪神無死満塁、左前適時打を放つ阪神 マウロ・ゴメス=東京ドーム(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「巨人-阪神」(7日、東京ドーム)

 阪神が4-0の五回、打者9人の猛攻で一挙5点を追加した。

 横田、ヘイグの連打と四球で無死満塁とし、5番・ゴメスが左前適時打。続く鳥谷は右犠飛。西岡が四球を選んで再び満塁とし、8番・岡崎の左翼線二塁打で2点加えた。さらに暴投でも加点した。

 3日・ヤクルト戦(神宮)以来、3試合ぶり安打がタイムリーとなったゴメスは「この3連戦でいい結果が出ていなかったから、このチャンスでランナーをかえすバッティングができてうれしいよ」とコメント。「ずっとヒットが出ていなかったから、チームの裏方スタッフにバットを触ってもらって、『打てますように!』とおまじないをかけてもらったんだ。スタッフのみんなに感謝だね」と笑顔を見せていた。

 中盤で大量9点リードの試合展開に敵地の左翼席に陣取った阪神ファンは大盛り上がり。六甲おろしの大合唱が鳴りやまなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス