文字サイズ

右肩を痛めた松田がブルペンで100球

 右肩関節炎で春季キャンプを途中離脱した阪神・松田遼馬投手(22)が、鳴尾浜のブルペンで捕手を座らせて100球を投げた。

 練習再開後では、ブルペンに入るのは3度目。「自分の課題(の克服)をしっかりやっていきたい」と先を見据えた。

 松田は、沖縄・宜野座キャンプ中の2月5日に右肩の違和感を訴えて病院で検査を受け、関節の炎症が判明。リハビリを続け、同月26日に2軍練習に合流した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス