文字サイズ

開幕ローテ任せろ!球児4回1失点

甲子園で先発登板し、力投する阪神・藤川球児(撮影・高部洋祐)
1回、巨人・村田修一(手前)を空振りの三振に打ち取る阪神・藤川球児=甲子園(撮影・高部洋祐)
甲子園で先発登板、巨人打線相手に力投する阪神・藤川球児(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「オープン戦、阪神-巨人」(6日、甲子園球場)

 昨オフ、阪神に復帰した藤川球児投手(35)が、4年ぶりとなる本拠地・甲子園のマウンドに、先発投手として上がった。

 初回、先頭の立岡に中前打を許すと、1死二塁となった後、長野に高めに抜けた変化球を中前に運ばれ、あっさり先制点を献上した。

 しかし、二回以降は変化球の制球も安定し、危なげない投球でG打線を退けた。4回3安打1失点。開幕ローテが内定している右腕は、慣れ親しんだマウンドで順調な調整ぶりを披露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス