文字サイズ

岩崎、七回1死満塁で無念降板

 「中日-阪神」(6日、ナゴド)

 無念の降板だ。阪神・先発の岩崎が0-0の七回、1死満塁のピンチを招いた場面でマウンドを降りた。

 先頭のルナに死球を与えると、続く平田には高め直球をはじき返され左中間二塁打。次の和田は三ゴロに打ち取ったが、エルナンデスには四球を与え1死満塁。ここで2番手・安藤にマウンドを譲った。

 しかし、右腕の力でも竜打線の勢いは止まらない。代打の森野に右前適時打を許すと、2人目の代打・藤井には中前適時打。高宮に代わり何とか大島は抑えたが、この回2点を失った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス