文字サイズ

阪神3連勝 能見2シーズンぶり2桁星

力投する阪神・能見(撮影・棚橋慶太)
2回阪神1死満塁、右前へ先制タイムリーを放つ阪神 マット・マートン=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3回阪神1死満塁、中前へ2点タイムリーを放つ阪神 マウロ・ゴメス=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「中日2-8阪神」(5日、ナゴド)

 阪神が3連勝で首位を守った。先発・能見が6回1/3、5安打2失点で2シーズンぶり5度目と2桁勝利となる10勝目(11敗)を挙げた。

 三回1死満塁からにマートンの右前先制打、押し出し四球、ゴメス、上本の2点適時打などで一気に7点を先制。五回は今成の左中間適時二塁打で追加点。

 最下位・中日は2連敗。先発・浜田達が制球難で三回途中5失点KOの3敗目。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス