文字サイズ

阪神が夏の長期ロード勝ち越し決定

8回阪神2死一塁、中越え適時三塁打を放つ鳥谷敬(投手・長田)=京セラドーム(撮影・持木克友)
8回阪神2死一塁、中越え適時三塁打を放ち打球の行方を確認しながら三塁に向かう鳥谷敬鳥谷敬=京セラドーム(撮影・持木克友)
7回2失点の好投を見せた阪神・岩崎優=京セラドーム(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神7-2DeNA」(22日、京セラ)

 阪神が快勝。夏の長期ロードを11勝6敗とし、勝ち越しを決めた。

 初回に1死二塁から福留の右中間二塁打で先制。二回に同点とされたものの、1-1で迎えた四回、2死満塁から鳥谷の右越え2点二塁打で勝ち越しに成功した。さらに、続く大和の一ゴロをDeNAの一塁・ロペスが適時失策。1点を追加した。

 2点差に迫られた七回には、1死満塁から今成の中犠飛で加点した。八回には2死一塁から鳥谷が右中間へ適時三塁打。その後に敵失も絡み、この回2点を奪って勝負を決めた。

 鳥谷は3安打3打点の活躍で打線をけん引。勝ち越し打の場面については「チャンスだったので、どんどんいこうという気持ちで」と初球攻撃で結果につなげた。

 巨人に対して3連敗後、これで2連勝。和田監督は「3タテ食らって帰ってきましたけど、逆にチームがより一層結束したというか、もう一回やるぞという気持ちが選手たちに出ているので、あしたもいい試合をしたい」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス