文字サイズ

藤浪が3年連続100投球回到達

力投する阪神・藤浪晋太郎=横浜(撮影・棚橋慶太)
先制タイムリーを放ち、マウンド上でファンの声援に応える阪神・藤浪晋太郎=横浜(撮影・村中拓久)
2枚2枚

 「DeNA1-8阪神」(5日、横浜)

 阪神の藤浪が8回4安打1失点、12奪三振の好投で7勝目を挙げた。二回に連続四球などでピンチをつくり、倉本の適時打で1点を失ったが、その後は追加点を許さなかった。六回1死二、三塁のピンチでは、バルディリス、倉本を連続三振に斬った。

 藤浪は初回に今季100投球回に到達。3年連続100投球回を記録した。高卒1年目から3年連続100投球回は、2009年・田中将大(楽天・07~13年=7年連続)以来。球団では1969年・江夏豊(1967~75年=9年連続)以来となった。

 また、今季の2桁奪三振は6月3日・ロッテ戦(甲子園)以来5回目。14年の5回に並ぶシーズン自己最多タイとなった。今季通算115奪三振となり、日本ハム・大谷を抜いて12球団トップとなった。

 この日は投打にわたって活躍した。二回の打席ではDeNA先発・三浦に対し、2死二塁から「狙っていた球種(スライダー)がたまたま来た。たまたまバットに当たって、うまく飛んでくれた」(藤浪)と左中間を破る先制二塁打。バットでも勝利に貢献した。

 雨が降る中での投球となったが「下がぬかるんだりしていたので、ケガをしないようにというのと、何とか粘り強く投げようと思ってマウンドに上がりました」と藤浪。奪三振については「タイトルとしてあるんで、頑張りたいとは思うんですけど、そんなにこだわりはないです」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス