文字サイズ

阪神・福留 3連勝呼んだ9号同点ソロ

6回、右越えに同点ソロを放つ阪神・福留孝介=甲子園(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「阪神4-2ヤクルト」(21日、甲子園)

 阪神・福留孝介外野手が同点の一発を放った。

 1-2の六回。先頭の福留が新垣の直球を完璧に捉えると、ライナー性の打球が右翼席にグサリ。9号ソロで同点に追いつくと、スタンドの虎党から大歓声が沸き上がった。

 この一発が流れを変えた。なおもゴメス、上本、今成の安打で1死満塁とし、代打・狩野の右越え2点二塁打で勝ち越し、3連勝で勝率5割に復帰した。 3連勝を呼んだ福留は「打ったのはストレート。よく飛んでくれました」とコメント。和田監督も、値千金の一発を「孝介(福留)が1人で追いついてくれて非常に大きかったし、孝介の一発で球場の雰囲気も変わった。あれで流れらしきものを引き寄せられた」と高く評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス