文字サイズ

阪神5割復帰、大谷の開幕連勝7で止める

3回、メッセンジャーは日本ハム・西川の打球を軽快なフィールディングでさばく=甲子園(撮影・山口 登)
4回阪神2死一・三塁、阪神・上本博紀は中前に先制打を放つ=甲子園(撮影・山口 登)
先発し力投する日本ハム・大谷翔平=甲子園(撮影・山口 登)
3枚3枚

 「交流戦、阪神1-0日本ハム」(6日、甲子園)

 阪神が3連勝で勝率5割(28勝28敗)に復帰。先発・メッセンジャーが8回2安打無失点で4勝目(5敗)を挙げた。呉昇桓が16セーブ目(2勝1敗)。

 四回2死一、三塁から上本の中前適時打で先制した。

 日本ハムは連勝が5で止まった。先発・大谷は7回4安打11奪三振1失点と好投したが、打線の援護がなく今季初黒星を喫した。自身の開幕からの連勝は7でストップ。打席ではメッセンジャーの前に3三振に終わった。

 今季最多の4万6796人の大観衆。メッセンジャーはヒーローインタビューのお立ち台で「マウンドに上がる以上は長いイニングを投げて、チームに勝つチャンスを与えたいと思っている。それだけに上本のタイムリーで勝つことができてうれしい。ゴメスのダイビングキャッチや鳥谷、上本もいいプレー。外野手もいいプレーをしてくれ、チーム全体で勝ち得た勝利だと思う」と話した。

 貴重な決勝打を放った上本は「相手がすごくいいピッチャーなので無我夢中で、食らい付く気持ちで打席に立ちました。(守備でも好プレー)ランディにはいつも迷惑をかけてきたので、今日はちょっと貢献できたかなと思います」と喜びを表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス