文字サイズ

阪神快勝!江越、お立ち台で笑顔

お立ち台でポーズを決める江越(左)と岩貞(撮影・田中太一)
阪神・高宮、阪神・福原忍と並んで阪神・藤井彰人、阪神・呉昇桓らナインを笑顔で出迎える阪神・岩貞祐太=甲子園(撮影・棚橋慶太)
ロッテ打線を相手に力投する阪神・岩貞祐太=甲子園(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「交流戦、阪神3-0ロッテ」(4日、甲子園)

 阪神が先制、ダメ押しで快勝した。前日3日は8-0から一気に追いつかれるなど連日、終盤でロッテの猛烈な追い上げに苦しんだが、3試合目で初めての快勝で連勝した。

 先発の岩貞が好投を見せた。初回1死一、二塁、三回1死一、三塁など再三走者を背負ったが、キレのある直球にチェンジアップを効果的に交えて、6回2/3を5安打4奪三振無失点で今季初勝利(1敗)を挙げた。

 打線は二回、2死一塁でドラフト3位・江越(駒大)が先制の中越え適時三塁打。七回には2死から代打・大和の左前打、鳥谷の四球で一、二塁から、上本の左中間2点適時二塁打で追加点を挙げた。

 1軍昇格、即「7番・中堅」で先発して先制点をたたき出した江越は「しっかりやってやろうという強い気持ちで試合に臨みました。結果がほしいと思ってたんですけど、思いきった結果がああいう結果になって良かったです」と、お立ち台で顔をほころばせた。だが、続く四回の第2打席では2死二塁の好機で三ゴロに倒れただけに「次は、また次のチャンスで打てるようにやっていきたいです」と、自分に言い聞かせるように話した。

 ロッテはプロ初登板初先発の8年目・植松が6回を4安打1失点と踏ん張ったが、打線が精彩を欠いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス