文字サイズ

阪神サヨナラ勝ち 8点差から延長決着

延長10回、サヨナラ犠飛を放ち、ナインに追いかけられる鳥谷(中央)=撮影・棚橋慶太
延長10回、1死満塁、阪神・鳥谷の犠飛でサヨナラの生還をする阪神・俊介=甲子園(撮影・飯室逸平)
延長10回、サヨナラ打を決め喜ぶ鳥谷(左)=撮影・田中太一
3枚3枚

 「交流戦、阪神9-8ロッテ」(3日、甲子園)

 8点差を追い付かれた阪神が延長十回サヨナラ勝ち。連敗を3で止めた。1死から途中出場の俊介が左中間二塁打で出て、1死満塁から鳥谷が左犠飛を放った。

 先発・藤浪は6回2/3、6安打6失点(自責0)。六回まで無失点に抑え、連続32回無失点としたが七回に失点し、バッキー、村山実の35回無失点には及ばなかった。

 初回はゴメスの右中越え5号2ランで先制。二回は藤浪の中前適時打、三回は福留の右越え適時二塁打で追加点。五回も福留の左前適時打と伊藤隼の右前2点適時打で3点、六回はマートンの中前適時打で1点を加えたが、七回に追い付かれた。阪神が8点のリードを追い付かれるのは、1975年7月26日の大洋戦(川崎)以来40年ぶり。

 ロッテは0-8の七回、先頭・今江の右越え三塁打から二塁・上本のエラー、代打・井口の2点二塁打、鈴木、角中の適時打で5点を返し、この回2打席目の今江が中越えに1号3ランを放って同点とした。

 先発のイ・デウンは3回6安打4失点。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス