文字サイズ

阪神 わずか3安打で巨人下した

ナインと笑顔がこぼれる阪神・鳥谷敬(中央)=甲子園(撮影・金田祐二)
3枚

 「阪神2-1巨人」(21日、甲子園)

 阪神が終盤の逆転劇で連勝。巨人戦4カード目で初めての勝ち越しを決めた。

 1点を追う八回、1死満塁から代打・新井の中犠飛で追いつき、なおも2死一、三塁。続く鳥谷の右前適時打で勝ち越した。

 この日はドラフト1位・横山雄哉(新日鉄住金鹿島)がプロ初登板初先発。巨人の強力打線に立ち向かい、7回を6安打5奪三振、1失点と好投していた。7回まで1安打に抑えられ、ルーキーに勝ち星を贈ることはできなかったが、わずか3安打で2点を奪い、敗戦投手にすることだけは防いだ。

 八回に同点犠飛を放った新井は「皆さんがつないで下さったので、押せ押せな感じでいけました。なかなかたくさん活躍できてないので、また練習して頑張ります」と、お立ち台で誓った。

 それまで3三振だったが、新井に続き勝ち越し適時打を右前にはじき返した鳥谷は「それまでの3打席は忘れて、この打席で何とか打ちたいなあと思って打席に入りました。(新井の)犠牲フライですごく楽に入れた」と、冷静に振り返った。

 終盤の粘りと勝負強さには、和田監督も手応え。「最後までベンチの全員があきらめずやってくれた」とたたえた。

 巨人は六回、2死二塁からアンダーソンの左中越え適時二塁打で先制。先発マイコラスも7回0/3を2安打1失点と好投したが、2番手・山口と3番手・マシソンが四死球でピンチを広げ、踏ん張り切れなかった。

2022-05-28
2022-05-27
2022-05-26
2022-05-25
2022-05-24
2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04

関連ニュース

編集者のオススメ記事

タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス