文字サイズ

虎3連勝3位 初登板サンティアゴ初星

7回中日1死一塁、歯を食いしばり一塁へ送球する阪神 マリオ・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「中日1-2阪神」(15日、ナゴド)

 阪神が3連勝。初登板初先発のサンティアゴが7回7安打1失点で来日初勝利を挙げた。阪神は3位に浮上した。

 0-1の八回、中日の2番手・又吉を攻め、西岡の適時二塁打で同点とし、マートンの右前適時打で勝ち越した。

 サンティアゴはヒーローインタビューで「ありがとうございます。とてもうれしいです。なんとかチームが3位に浮上する勝利に貢献できてうれしく思っています。日本に呼んでもらえるチャンスをいただいたこと。初先発、初勝利でチームに貢献できて、本当にうれしく思っています」と喜びを語った。

 八回、チームが逆転し、自身に勝ち星がついたことには「チームメートが打つといってくれたので。自分が勝てて、本当に良かったと思います」と感謝。「阪神タイガースが優勝できるように、長くチームのために貢献して、長く阪神のために野球をやって、全力で貢献していきたいです」と献身性をアピールした。

 中日は3連敗。五回にルナの犠飛で先制。先発・小熊は7回3安打無失点。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス