文字サイズ

阪神 岩田が連敗止めた3勝目

連敗を止め喜ぶ阪神・マートンと福留(右)=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「ヤクルト5-7阪神」(13日、神宮)

 阪神が終盤のヤクルトの追い上げを振り切り、4試合ぶりの勝利を挙げた。

 三回に梅野の2号ソロ、上本の左翼線適時二塁打で2点を先制。六回にも福留の4号2ランなどで3点を加えて5-1と突き放したが、七回に3点を奪われ1点差に。八回に1死満塁から代打・関本の中前適時打、続く狩野の中犠飛で2点を加えて再び突き放した。

 悪天候中止となった前日からのスライド登板となった先発・岩田は、6回2/3を6安打3失点で3勝目(1敗)。前回先発で2勝目を挙げた5日・中日戦(甲子園)はチームの連敗を3で止めたが、この日も3連敗でストップさせた。

 頼もしい連敗ストッパーぶりを見せた岩田は、ヒーローインタビューで「たまたまこういうところに当たっている。自分の仕事をするだけ」と淡々と話したが、粘りの投球を称えられると「粘らないと岩田稔じゃないと思うので」と、プライドをにじませた。

 ヤクルトは先発・新垣が6回を8安打5失点とつかまった。2点を先制された三回裏に畠山が8号ソロ。4点を追う七回には雄平の左越え2点適時打などで3点を返し1点差に迫った。一度は突き放されたが、九回に山田が呉昇桓から左越えソロを放ち再び反撃したが追いつけず、6連敗となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス