文字サイズ

阪神 広島に3タテ 今季最多タイ借金5

6回、広島・会沢翼(左)に2ランを浴びる阪神・メッセンジャー=甲子園(撮影・保田叔久)
8回阪神2死一塁、阪神・鳥谷敬は適時二塁打を放つ=甲子園(撮影・棚橋慶太)
3回阪神2死二塁、阪神・西岡剛は同点適時打を放つ=甲子園(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「阪神2-7広島」(10日、甲子園)

 阪神が広島に同一カード3連敗を喫した。

 メッセンジャーは二回、2死二塁から会沢に先制の右前適時打を許した。同点の五回1死満塁から併殺崩れの間に勝ち越しを許し、さらに重盗を決められ計2失点。六回には会沢に2ランを浴び、6回7安打5失点で5敗目となった。

 今季初めてマートンを先発から外した打線は三回、2死二塁から西岡が同点の中前適時打を放ったが、その後は八回に鳥谷が適時二塁打を放ったのみで今季最多タイの借金5。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス