文字サイズ

能見 G戦20勝目ならず5失点KO

6回、代打・金城に勝ち越し適時二塁打を浴びた能見(撮影・西岡正)
3枚

 「巨人-阪神」(3日、東京ド)

 阪神の先発能見は勝てば巨人戦20勝となる試合だったが、2点リードの三回に片岡の2ランで同点に追いつかれ、四回には1死一、二塁から小林に適時二塁打で勝ち越しを許した。

 それでも打線が五回に3連打で同点に追いついたが、六回には代打金城に2点打を浴び再び勝ち越しを許した。

 結局、6回を投げ10安打5失点。

 能見は「踏んばらないといけないところで、踏んばりきれませんでした」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス