文字サイズ

阪神が開幕カード以来の3連勝

力投する阪神・岩田稔=甲子園(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「阪神3-1ヤクルト」(29日、甲子園)

 投打のかみ合った阪神が開幕カード(中日戦)以来の3連勝を決めた。

 初回、1死から西岡、鳥谷の連続四球で一、二塁とし、ゴメスが左前に先制適時打。2死一、二塁からマートンも中前適時打を放ち、2点を先行した。

 六回は先頭のゴメスが中前打で出塁。捕逸、暴投で三塁に進み、福留が左飛の後、マートンの右前適時打で追加点を挙げた。

 先発の岩田は再三、得点圏に走者を背負ったが粘投。味方の好守もあり、10安打されながらも7回を無失点でしのいで今季初勝利を挙げた。

 ヤクルトは八回、無死満塁から森岡の遊ゴロ併殺の間に1点を返した。九回には阪神守護神・呉昇桓に対して2死二塁まで攻めたが、雄平が投ゴロで無得点。3連敗を喫した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス