文字サイズ

あわや乱闘…藤浪の内角攻めに黒田怒る

2回広島、1死一塁、2球連続ブラッシュボールに激高し、阪神・藤浪晋太郎(19)に詰め寄る広島・黒田博樹=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島-阪神」(25日、マツダ)

 広島の黒田博樹投手が、あわや乱闘騒ぎとなる怒りを見せた。

 1-1の同点の二回、広島の攻撃で先頭の安部が中前打で出塁。会沢が空振り三振で1死一塁の場面、阪神・藤浪がバントの構えの黒田に対して1ボールから内角球を投じた。

 のけぞる構えを見せた黒田に、藤浪は帽子をとって謝罪。しかし、再びバントの構えを見せた黒田に対して、次の球もさらに内角の胸元を襲った。

 ひっくり返った黒田は、ゆっくりと立ち上がると、怒りの表情でマウンドへゆっくりと向かった。藤浪は再び帽子を取って謝罪したが、黒田の怒りは収まることなく、両軍ベンチから首脳陣とナインが飛び出し、一触即発となった。

 黒田をなだめた広島・緒方監督は、その後に和田監督と話し合い、阪神・平田ヘッドコーチは黒田に事情を説明している様子だった。藤浪は上本、西岡ら内野陣とともに情勢を見守った。数分で試合は再開し、黒田は一ゴロに倒れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス