文字サイズ

阪神がカード3連敗免れる 西岡決勝打

6回、勝ち越し適時打を放ち二塁上でガッツポーズする阪神・西岡剛=ナゴヤドーム(撮影・棚橋慶太)
1回、左前へ先制タイムリーを放つゴメス(撮影・棚橋慶太)
8回、適時内野安打を放つ阪神・鳥谷 敬=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「中日4-6阪神」(16日、ナゴド)

 2試合連続サヨナラ負けの阪神がカード3連敗を免れた。

 4-4の六回、2死二塁から西岡が右前適時打を放ち勝ち越した。八回には鳥谷の適時内野安打で1点を追加した。

 初回はゴメス、マートン、福留の3連続適時打などで4点を先制したが、先発・岩崎が同点に追いつかれていた。

 打順の組み替えで2番となり、決勝打を放った西岡はヒーローインタビューで「きょうは2番だったので、今度は違う形でチームに貢献したいと思い、打席に立った。(連敗を止め)毎試合勝ちたいですが、勝てないのが今の現状なので、何とか早く波に乗りたい。連敗が続いていたので、波に乗っていればワンサイドで勝てた試合だったが、もう1回同点にされたのが今のチーム状況。苦しいけれど、明日(17日)からの巨人戦ではホームに戻って頑張っていきたい」などと話した。

 3試合連続でサヨナラ勝ちしていた中日は、二回に福田が4号2ラン。四回には押し出しと大島の適時打で同点としたが、先発・山井が七回に勝ち越しを許した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス