文字サイズ

阪神16年ぶりの4月6連敗で最下位!

 6回、広島・新井に勝ち越し打を浴びた阪神先発のメッセンジャー(右)=甲子園
 6回広島、黒田に適時打を打たれ降板する阪神・メッセンジャー(撮影・持木克友)
6回広島、黒田に適時打を打たれ降板するメッセンジャー=甲子園
3枚3枚

 「阪神2-7広島」(11日、甲子園)

 阪神が昨年9月以来の6連敗。4月内では1999年(7連敗)以来、16年ぶりの6連敗となり、今季5勝8敗で広島と並ぶ最下位となった。また、本拠地・甲子園では今季未勝利の4連敗。

 阪神は0-1の二回に広島の先発・黒田から福留がシュートを右越えに同点3号ソロを放った。

 しかし、六回に先発・メッセンジャーが崩れた。先頭・ロサリオ、松山に連続して右前打を打たれ、無死一、三塁から新井に勝ち越しの左越え適時二塁打。続く会沢に死球を与え、無死満塁から田中に右前適時打、黒田にも右前へ適時打を喫してKO降板。5回0/3、8安打5失点で1敗目(1勝)を喫した。

 阪神は七回にも田中の2点二塁打で追加点を与え、打線の援護を受けた黒田に国内復帰2勝目(1敗)を献上した。

 試合後、和田監督は「メッセンジャーが悪いなりに投げていたが、(打線が)点を取れないとピッチャーは踏ん張れない。個々(の打者)は底を抜けたが、点を取らないと…。(6連敗で甲子園未勝利に)連敗を止めて(満員の観衆に)勝ちを見せたい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス