文字サイズ

阪神完敗で4連敗…DeNAは3連勝

 「阪神1-6DeNA」(8日、甲子園)

 阪神は投手陣が小刻みに失点して完敗。打線も援護できず、4連敗を喫した。

 先発の岩本は毎回走者を背負う苦しい投球。三回はロペスに、四回は石川に、ともに2死から適時打を浴びた。

 五回は江越の緩慢なプレーで先頭打者を二塁に進め(記録は二塁打)、バルディリスの犠飛で失点。六回途中に高宮に代わったが、石川のスクイズで追加点を奪われ、七、八回は石崎が打たれた。

 打線は一回1死満塁の好機でマートンが投ゴロ併殺打に倒れ、主導権を握れず。0-3の五回、ゴメスの適時二塁打で反撃したが、得点は結局これだけだった。

 DeNAは3連勝となった。2安打2打点で勝利に貢献した石川は「1戦1戦を大事に戦っていくだけ。チーム一丸となって戦っていきたい」と3連勝にも浮かれる様子は見せなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス