文字サイズ

阪神が巨人との今季初戦を制す

ヒーローインタビューを終え、ファンの声援に帽子を振って応える梅野=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
 8回2失点で今季初勝利を挙げた阪神・メッセンジャー=東京ドーム
下を向いてロッカールームに引きあげる巨人・原辰徳監督=東京ドーム(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「巨人2-4阪神」(3日、東京ド)

 阪神が巨人との今季カード初戦を制した。

 二回1死二塁、福留の中堅への適時打で先制。四回2死一、二塁から梅野の右翼線への2点適時二塁打で追加点を挙げた。梅野は八回にも1死一塁から右中間を破る適時二塁打を放った。

 先発・メッセンジャーは8回7安打2失点で今季1勝目を挙げた。

 打のヒーロー・梅野はインタビューで、したたり落ちる汗を拭おうともせずに、「まずはランディ(メッセンジャー)に勝ちをつけたい一心だったので。頭(初戦)を取れて良かった。(四回は)必死に食らいついて気持ちで打った。(八回は)最近、消極的になっていたので、どんどん積極的にいこうと思った」と話した。

 レギュラー捕手として今季の好発進を支える梅野は、この日も盗塁を阻止するなど好守に貢献。「野球は接戦をものにしてこそ。目の前の試合で1点でも多く取り、1点でも少なく抑えたい。(やりがいを)感じてます」と声を弾ませた。

 巨人は4連敗。四回無死満塁の絶好機に、併殺崩れによる1点のみと打線が湿った。五回無死三塁、内野ゴロの間に1点を返した。

 先発の菅野は6回3失点で、開幕戦に続く連勝はならなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス