文字サイズ

先発・岩崎が五回途中4失点でKO

5回、ヤクルトに逆転を許し肩を落として降板する岩崎(左)=神宮球場(撮影・園田高夫)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(2日、神宮)

 阪神の先発・岩崎が五回途中4失点でKOされた。

 初回以外は毎回走者を背負いながら、粘りの投球で四回までは無失点でしのいだ。だが1点を先制してもらった五回裏、先頭の荒木に中前打を許すと、続く川端に適時二塁打を放たれ同点。続く山田には左翼席に勝ち越しの2ランを被弾した。

 さらに一死後、畠山に左前打を許したところで降板。2番手の桑原の打ち込まれてさらに2点を失った。岩崎は結局、4回1/3を7安打2四球で4失点という結果だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス