文字サイズ

阪神・福留トリックプレーで失点防ぐ

8回、川端の打球を処理し、素早く送球する福留(撮影・田中太一)
8回、川端の右越打で荒木は本塁をつくもタッチアウトとなる(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「ヤクルト1-2阪神」(1日、神宮)

 阪神・福留がトリックプレーで勝利に貢献した。2-1と1点リードの八回の守り。1死一、二塁のピンチで、打者・川端の打球は右翼後方へライナー性の飛球となった。

 右翼・福留は打球を見ながらバック。落下地点まで入ったかのように見えたが…。次の瞬間、福留はクルリとフェンス方向を向いた。打球は福留の頭上を越えて右翼フェンスを直撃。はね返ったボールを処理した福留は素早く返球した。

 打球が落下する直前まで福留が捕球できそうな体勢を取っていたことで、二塁走者・荒木のスタートは遅れた。その結果、本塁憤死。この回、結局ヤクルトは無得点に終わった。僅差のゲーム展開で失点を防いだ福留のビッグプレーが、勝利をたぐり寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス