文字サイズ

阪神連続サヨナラで単独首位

 10回、押し出しの死球にあった関本賢太郎を手荒い祝福をするゴメスや西岡剛らナイン
10回阪神無死満塁、押し出しの死球にあう関本賢太郎=京セラドーム(撮影・持木克友)
女性ファンから「こんな関本が見たかった!」のボードが掲げられる=京セラドーム(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「阪神1-0中日」(28日、京セラ)

 球団史上初となる開幕からの2試合連続サヨナラ勝利で、阪神がセ・リーグ唯一の開幕連勝で単独首位に立った。

 0-0で迎えた延長十回、無死満塁で登場した代打関本がファウルで粘った後に押し出しサヨナラ死球を受けた。十回1回を三者凡退で抑えた松田に、開幕戦に続いての勝ち星がつき、2勝目を挙げた。

 和田監督は試合後の勝利インタビューでセ・リーグ唯一の連勝であると水を向けられても「あ、そうなんですか」と冷静な反応。「まだ、始まって2試合ですので、そういうことは意識せず、明日しっかり頑張っていきたい」と淡々と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス