文字サイズ

投手陣が1安打完封リレー 守備では課題

5回を無失点に抑えベンチからのグータッチに応える阪神・メッセンジャー=甲子園(撮影・保田叔久)
8回を無失点に抑える阪神・松田遼馬=甲子園(撮影・田中太一)
9回、変化球を交え3人で締めた阪神・呉昇桓=甲子園(撮影・保田叔久)
3枚3枚

 「オープン戦、阪神1-0ヤクルト」(12日、甲子園)

 阪神投手陣が1安打完封リレーで1点リードを守りきった。

 開幕投手に内定しているメッセンジャーは、5回を無安打無失点、4奪三振。三回に失策で走者を背負ったが、続く中村を二ゴロ併殺に仕留め、打者15人で抑えるほぼ完璧といえる内容だった。

 六回は渡辺、七回は安藤が1回無失点。八、九回は松田、呉昇桓とつなぎ、いずれも打者3人ずつで片づけて反撃を許さなかった。

 打線は二回、関本、マートン、福留の3連打で1点を奪った。2番に入った大和が八回、オープン戦22打席ぶりの安打となる右前打を放った。

 守備面ではチームで計3失策。課題を残した。

 ヤクルトは先発の八木が4回3安打1失点。児山、徳山は無失点に抑えたものの、打線が七回に藤井が放った中前打のみに抑えられ、1安打無得点と精彩を欠いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス