文字サイズ

ドラ1・横山 プロ初実戦で2回2失点

オリックスとの強化試合に先発で登板し、2回2失点の横山鳴尾浜(撮影・坂部計介)
オリックスとの強化試合に先発で登板し、2回2失点の横山鳴尾浜(撮影・坂部計介)
オリックスとの強化試合に先発で登板し、2回2失点の横山鳴尾浜(撮影・坂部計介)
3枚3枚

 阪神のドラフト1位・横山雄哉投手(新日鉄住金鹿島)が8日、教育リーグ・オリックス戦(鳴尾浜)でプロ初の実戦登板を果たした。

 先発して2回3安打2失点。最速は148キロだった。ドラフト1位左腕は左胸鎖関節炎で出遅れ、1月の新人合同自主トレから別メニュー。安芸2軍キャンプスタート後に本格的な投球練習を再開し、ようやく実戦登板にたどり着いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス