文字サイズ

藤浪 西武・森と初対決で左飛

7回、157キロの速球で西武・森友哉を抑えた阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「オープン戦、阪神4-0西武」(6日、甲子園)

 阪神・藤浪が六回から登板。3回を投げて3三振を奪い、2安打無失点に抑えた。七回には大阪桐蔭時代にバッテリーを組んだ西武・森とプロ入り後初対決し、左飛に仕留めた。

 七回、先頭の山川を見逃し三振に仕留め、打席に森。かつての相棒の顔を見るとエンジン全開となった。

 初球は153キロ、2球目は自己最速タイ157キロの剛速球で空振り。甲子園がどよめいた。

 3球目の157キロはファウル。4球目も157キロの速球で攻め、左翼線際への左飛に打ち取った。

 高校時代、甲子園春夏連覇に大きく貢献した黄金バッテリー。藤浪が1学年下の後輩を相手に、全球直球勝負で先輩としての貫禄を見せつけた。

 大阪桐蔭の先輩・浅村、中村もスタメン出場していたが途中交代。藤浪と対戦することはなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス