文字サイズ

メッセンジャー4回無失点5奪三振

西武打線を相手に4回を投げ無失点に抑えた阪神・メッセンジャー=甲子園(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「オープン戦、阪神-西武」(6日、甲子園)

 阪神はメッセンジャーが先発。4回を投げて2安打無失点と好投し、三振も5つ奪った。メッセンジャー自身も「スライダー以外は前回より全部良かった」とある程度の手応えを感じられた投球内容だった。

 初回、秋山、栗山、浅村を三者凡退に打ち取り好発進。二回、中村、メヒアに連打され無死一、二塁のピンチを招いたが、落ち着いていた。続く坂田を空振り三振、山川を遊ゴロ、森を空振り三振に仕留めて得点を許さなかった。

 三回も三者凡退。四回は2四球を与えながらも踏ん張り、無失点に抑えてマウンドを降りた。

 スライダーについても「最終回(四回)はスライダーをスライダーとして投げられた」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス