文字サイズ

秋山 大乱調…2回6失点

2回ヤクルト無死一塁、中村悠平に2ランを浴びる阪神・秋山拓巳=浦添(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「練習試合、ヤクルト9-9阪神」(19日、浦添)

 阪神先発の秋山が大乱調。初回に2点の先制を許すと、二回にも4失点を喫し、2回6安打6失点で降板した。

 初回、先頭の山田をいきなり四球で歩かせた。森岡、ミレッジを抑えて2死まで取ったものの、雄平に左中間へ適時二塁打。続く畠山にも中前適時打を浴びた。

 二回には先頭の大引を中前打で出塁させると、次打者・中村に左中間へ2ランを被弾。さらに無死満塁のピンチを招き、ミレッジに中前2点打を許した。

 秋山は「フォームが安定せず、バッターと対戦する以前の問題でした」と反省。開幕ローテ入りへ向け、アピールできなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス