文字サイズ

阪神がCS本拠地開催へ望みつなぐ

今季最終戦をピシャリと抑えた阪神・呉昇桓=マツダ(撮影・保田叔久)
最後を締めナインとハイタッチを交わす阪神・呉昇桓(中央)=マツダ(撮影・保田叔久)
最終戦に勝利、ナインを迎える阪神・和田豊監督
3枚3枚

 「広島2‐4阪神」(1日、マツダ)

 阪神が今季最終戦を勝利で飾り、CS本拠地開催へ望みをつないだ。広島が5日の巨人戦(マツダ)で負ければ、阪神の2位が確定する。

 初回2死一、二塁からマートンの右前適時打で先制すると、三回には1死三塁から鳥谷の中前適時打で追加点を挙げた。1点差に迫られた直後の八回には、無死三塁からゴメスの右翼への犠飛で1点を追加した。

 先発した能見は、6回5安打1失点で9勝目。序盤から要所を締めるピッチングでゲームをつくり、唯一の失点は四回にロサリオに浴びたソロ弾だけだった。

 八回には1死一、二塁のピンチで呉昇桓が登板。無失点でしのぐと、九回も締めて39セーブ目を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス