文字サイズ

ゴメスの中犠飛で阪神サヨナラ勝ち

延長10回、サヨナラ犠飛を放ちナインに手荒い祝福をうけるゴメス(撮影・持木克友)
延長10回、サヨナラ犠飛を放つゴメス(撮影・持木克友)
8回、内野ゴロに打ちとられるゴメス(投手・久保康友)=撮影・持木克友
3枚3枚

 「阪神1‐0DeNA」(29日、甲子園)

 阪神がサヨナラ勝ちで3連勝。

 0‐0で迎えた延長十回、連続四球で無死一、二塁とし、大和の犠打でそれぞれ進塁。鳥谷が敬遠で歩いて満塁とした後、4番・ゴメスが4番手・加賀から中犠飛を放って試合を決めた。

 来日初のサヨナラ打となったゴメスは「自分としてはチャンスが巡ってきたので積極的に行こうと思っていた。残り2試合も勝てるように頑張りたい」と話した。

 先発の岩田は10勝目こそ逃したが、8回4安打無失点の好投。九回からは呉昇桓を投入し、2イニングを完全に抑えて今季2勝目を挙げた。

 DeNAは久保が9回145球を投げて6安打無失点と力投したが、2番手・国吉が大誤算。打線もわずか4安打で三塁すら踏めず完封負けした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス