文字サイズ

岩崎 六回2死から突如崩れる

6回中日、三ツ俣に本塁打を打たれる阪神の岩崎優=甲子園(撮影・持木克友)
2枚

 「阪神‐中日」(21日、甲子園)

 阪神先発の岩崎は序盤からストレートが走り中日打線を圧倒した。

 五回まで許した安打は初回の大島の中前打と四回のルナの二塁打のみ。7奪三振の力投を見せた。

 ところが五回に2点を先取してもらった直後の六回だ。2死から三ツ俣にまさかの本塁打を浴びてから急変する。

 一発に動揺したのか、続く藤井、ルナに連続四球。制球が命の新人に明らかな乱れが見えた。ここで中西投手コーチがマウンドへ行くが、交代の気配はなし。

 続く平田に同点打、高橋周に勝ち越し打を許したところで、ようやく一塁ベンチから和田監督が出て安藤への交代を告げた。

 岩崎は「ソロホームランを打たれて切り替えたつもりでしたが、こういう結果になってしまって悔しいです。2死を取っていたので、そこで終わりにして次の回にいけるようにしないといけなかったです」と反省の弁を連ねた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス