文字サイズ

ドラ1岩貞 初先発は4回4失点

1回に3点を先制され、プロの洗礼を受けた阪神・岩貞祐太(右奥)は汗を拭きながら悔しがる=京セラドーム(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神‐広島」(10日、京セラ)

 プロ入り初先発となった岩貞は、4回4失点でKOされた。

 立ち上がり、2死一、二塁からキラに中越えの適時二塁打を許すと、続く梵にも中前適時打を浴びていきなり3失点。四回には再び梵に右中間を破られ、味方の中継プレーが乱れる間にホームを陥れられた(記録は三塁打と失策)。

 プロ初登板の緊張からか全体的に逆球が多く、球数がかさんだ。また味方の守備にも足を引っ張られたが「全体的に自分の投球ができなかった。野手のみなさんには声をかけてもらったり、守備でもり立ててもらったりしましたが、先発投手としてゲームを作る投球ができず申し訳ない。悔しいです」と、自らを責めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス