文字サイズ

阪神2カード連続負け越し…能見6連敗

7回、ピンチを迎え阪神・能見(左)中西コーチと話し込む。この後、追加点を許す=甲子園
3枚

 「阪神1‐8ヤクルト」(31日、甲子園)

 阪神が完敗。2カード連続の負け越しとなった。

 先発の能見は初回2死一塁からバレンティンに中越え20号2ランを打たれ、先制を許した。三回までに7安打と苦しい投球だったが、四、五、六回は三者凡退に仕留めた。

 七回2死から村中に中前打、山田に四球の際には暴投で一、三塁とされ、谷内に中前適時打を許して追加点を与えた。結局、7回9安打3失点で10敗目。自身6連敗となった。

 打線は七回に鳥谷が遊ゴロ失策で出塁。ゴメスが中前打を放って一、三塁とし、マートンの二ゴロ併殺打の間に1点を返した。得点はこれだけ。八回は2番手・建山が追加点を奪われ、九回には歳内、山本が打たれて4点を失った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス