文字サイズ

阪神 3連敗でストップ!歳内が初勝利

プロ初勝利を挙げた阪神・歳内宏明(右)とお立ち台に上がる阪神・鳥谷 敬=甲子園(撮影・保田叔久)
3枚

 「阪神5‐4ヤクルト」(30日、甲子園)

 阪神が連敗を3で止めた。

 1‐3の四回、1死一、二塁から代打・新井良の三ゴロをヤクルトの二塁手・山田が併殺を狙い一塁へ悪送球して1点。さらに2死一、二塁から今成が左線適時二塁打を放ち2点目。なおも2死二、三塁から鳥谷の中前2点適時打で、この回4点を奪い逆転した。

 0‐2の初回は1死一、二塁からゴメスの左翼線適時二塁打で1点を返した。

 先発・二神は3回0/3、7安打3失点。2番手・歳内が四回無死満塁のピンチを防ぎ、直後の逆転につなげてプロ初勝利を挙げた。

 ヤクルトは初回に先頭・山田の四球から森岡、川端の連続適時長短打で2点。四回は無死満塁から相川の適時打で3点目を挙げたが、後が続かなかった。3‐5の六回は山田の適時打で1点差に。

 先発・石山は3回2/3、7安打5失点(自責4)。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス