文字サイズ

藤浪 プロ2年目で初完投勝利

中日打線を相手に力投する阪神・藤浪晋太郎=ナゴヤドーム(撮影・保田叔久)
3枚

 「中日1‐8阪神」(15日、ナゴド)

 阪神の先発・藤浪が9回5安打1失点(自責0)で今季7勝目(4敗)。プロ2年目での初完投勝利を挙げた。

 阪神は初回無死一、二塁から鳥谷が右中越えに6号3ランを放ち先制。六回は2死一、二塁から新井、新井良兄弟の連続タイムリーで2点を追加。七回は敵失とマートンの適時打、新井の適時二塁打で3点を加えた。

 中日は七回1死一塁から阪神の一塁手・ゴメスのトンネルで一塁走者・藤井が一気に生還して、完封を逃れた。先発・雄太は6回7安打5失点で4敗目(3勝)。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス