文字サイズ

元虎スタンの前に打線沈黙…完封負け

6回、三塁ゴロに倒れる阪神・ゴメス=甲子園(撮影・田中太一)
3枚

 「交流戦、阪神0‐6ソフトバンク」(9日、甲子園)

 ソフトバンクは先発のスタンリッジが昨年まで在籍した阪神を相手に9回3安打無失点の完封で6勝目(2敗)を挙げた。

 スタンリッジは史上16人目の全球団勝利を達成。外国人では2012年のグライシンガー(ロッテ)以来2人目。

 慣れ親しんだ甲子園でのヒーローインタビューで「今日はホームのつもりで投げた。去年まではベンチで聞いていた応援歌を今日はマウンドで聞くことに変わった。攻撃陣がメッセンジャーといういい投手から先に点を取ってくれ、気持ち良く投げられた。甲子園は大好きな球場で楽しみの一つだった。プライドとプライドの対戦で完封できたので最高。大勢の阪神ファンの前だったが、今は新しいファンのために頑張っている」と笑顔で話した。

 初回、1死一、二塁から李大浩の中前適時打と長谷川の中犠飛で2点を先制。三回は2死一、二塁から松田の左中間適時二塁打で2点。五回には先頭・柳田が左中越えに7号ソロを放ち1点を追加。九回は柳田の犠飛で6点目。

 阪神はスタンリッジの前に四回までノーヒット。六回は無死二、三塁から上位打線が抑えられた。先発・メッセンジャーは5回7安打5失点で6敗目(4勝)。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス