文字サイズ

福原痛恨被弾…10カード連続初戦負け

8回オリックス、Tー岡田(左)に逆転3ランを浴び、マウンドで膝をつく阪神・福原
3枚

 「交流戦、阪神3‐4オリックス」(6日、甲子園)

 阪神が逆転負け。これで10カード連続のカード初戦負けとなった。

 阪神は初回2死二塁からゴメスの左前適時打で1点を先制。三回は1死から、鳥谷の右越え4号ソロで加点した。七回は1死二塁から鳥谷が左中間へ適時二塁打を放った。

 先発の能見は要所で粘った。七回に10個目の三振を奪い、セ・リーグタイ記録の4試合連続2桁奪三振となった。

 しかし、八回無死一、三塁から内野ゴロの間に1点を返され能見は降板。2番手・福原が2死一、三塁からT‐岡田に逆転7号3ランを浴びた。打線もオリックス救援陣の前に八、九回を無得点に抑えられた。

2022-05-28
2022-05-27
2022-05-26
2022-05-25
2022-05-24
2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス